脱毛 銀座 > デメリット

vio 脱毛 メリット

vio=デリケートゾーン

これを知ってる方って年々増えてそうです。

似たように年々認知されてるなぁと感じるのが糖質制限。
以前は「主食のご飯を食べないなんて!」ってまるで非国民扱いでしたがw
今は普通にダイエットの主流ですよね。

vio脱毛は、まだそこまではという感じがしますが、いい機会なのでデメリットを上げてみました。

vio 脱毛 メリット

 

・カミソリの自己処理で肌を傷める心配がない

・肌が傷つかなくなるので、肌がきれいに保たれ肌触りも良くなる

自己処理から解放される

・ショーツと毛の摩擦で色素新着する心配がない

毛が落ちないから、掃除のストレスが減る

下着のお洒落が楽しい

・将来、介護になった際の備えになる

布ナプキンとの相性もいいから経血コントロールがしやすい

・経血やおりものが毛に絡まり不衛生な状態になる心配がない

・毛の量が減るので「ムレ」の心配が減り雑菌が繁殖しにくくなる

・男女ともにの場合だと、行為のときの奥まで入る感覚が段違い(らしいw)

 

などなど

美容面、衛生面、掃除面、将来の介護面など予想以上に広範囲かつ長期的なメリットがあげればあるあるです。

逆にデメリットを見てみると、

vio 脱毛 デメリット

 

・温泉に入るときに他人に目が気になる

・パートナーに理解がなかったら気まずい

 

ぐらい?

私の知る範囲だと、男性が相手がvioだと知ったとき、びっくりすることはあってもそれがNGってケースはなかったです。
あと、どうして?って思うケースも理由を説明すればまず納得してもらえる。

 

認知度が上がると利用者も増える。利用者が増えると料金もリーズナブルになる。

この傾向は好ましいですね。

数十年もしたら、今の欧米並みにvioする女性が多数派で、メンズもそのあとを追うみたいなことになってるかもしれません。

ミュゼプラチナム

カテゴリー

1位
恋肌
恋肌
2位
脱毛ラボ
脱毛ラボ
3位
キレイモ
キレイモ